整理収納の本当の価値。それは…新たな価値を創造する時間。-企業研修のご案内-
整理収納の本当の価値。それは…新たな価値を創造する時間。-企業研修のご案内-

ちぃのおかたづけポケットでは、「京桜収納コンサルティング部門」にて、
企業研修講座を提供しています。
この研修は、必要な情報をよりスピーディに取り出せる環境を保つことで、業務の効率化を図り「新たな価値を創造する時間を確保する」という整理収納の目的を、個人ワーク・グループワークを通し、体感しながら学んで頂きます。
【 カリキュラム例 】

  • 現状の把握(俯瞰的に)
  • 「整理収納」の本当の意味と、得られる3つの効果
  • 書類整理における、3大疾病の対応策
  • 整理収納の3ステップ
  • デスク整理の手順
  • 書類整理(ファイリングシステム)
  • 整理収納クレド作成
など。
研修内容 理解度:満足度

大満足 満足 良い 普通 不満

理解度:仕事のプロセス~現状把握~
理解度:整理収納の損失と効果
理解度:整理収納3ステップ
理解度:目指す姿・まとめ
満足度

研修前まで実際に困っていたこと研修前まで実際に困っていたこと

研修を受ける前の参加者様に「整理収納で、業務上どのようなお悩みを抱えていますか?」とお聞きしたところ、下記のような声を頂きました。
整理収納を実践し続けることで、スタッフの意識向上(スキルアップ)・コミュニケーションの向上~危機管理への意識向上・TODO管理~業務効率UP・ストック管理~経費削減など、多くの変化を手に入れていただくことができます。

務関連の悩み

  • 残業が減らず困っている。
  • 店舗全体で整理収納することは、無理だと感じています。
  • 業務を進めるうえで、毎回小さなトラブルが起こる(物がない・連絡ミス…等)。
  • 部下の机が汚いが、どう指導して良いかがわかりません。
  • 部下教育に時間がかかる上に、なかなか仕事を覚えてくれない。
  • 社内のルールが決まっていない。
  • 自分の担当以外のことは、わからない。
  • アシスタントとのコミュニケーションがうまく取れない。
  • 自分なりにやっているが持続しない。

間や方法の悩み

  • 探し物の時間が多く困っています。
  • 必要なもの、不要なものの分別が下手です。
  • 整理収納する時間がありません。
  • 整理収納の重要性は理解しているつもりだが、 何から手を付けて良いかわからない。
    考えただけでやる気がなくなりそのまま放置となっています。
  • 机(引き出し)営業車の中の整理整頓ができないで困っています。
  • PC内の、フォルダやファイルの整理ができない。

研修後の感想研修後の感想

分だけの問題ではないということへの気づき

  • 整理整頓については、自分1人ではなく、情報や意識の共有をすることが大切だと知りました。
  • 個人で管理するのではなく、共有できるものは皆で共有し、場所を決めて置くことが重要だと知りました。
  • 片付けは「自分1人の問題ではない」ということを、 今まであまり考えてこなかったなと気づかされました。
  • 自分がわかっていれば良いという考えでは、 店全体の効率は上がらないということが理解できました。
  • 自分のルールで片付けず、相手の立場にたって日々片付けをすることで、異動時引継ぎがスムーズに行えるということが理解できました。
  • 整理することで一緒に働くメンバーに、良い影響与える事を知りました。
  • 担当の情報(書類)を、私物化するのではなく、常に組織として共存できる保管ルール(ファイリングシステム)を持つ事が大切であることを知りました。

務の効率化への気づき

  • 整理がいかにパフォーマンスに良い影響を及ぼすかが理解できました。
  • 整理収納がなされていないと効率の低下だけでなく、意欲の低下や周囲へ悪影響を与えるのだと感じた。
  • (机の上がキレイだと)仕事に対してのモチベーションが上がるということが、理解できました。
  • 自分はできていると思っていたことが、 実は出来ていないということが分かった。
  • 共有部分について、まったく考えていなかったことに気づきました。
  • 共有で保管することが、仕事の効率化に繋がるとは考えていなかったので、大きな気づきでした。

キルアップへの気づき

  • 片付けができないということは、 自分にとっても損失があるということが、具体的に分かりました。
  • 仕事の効率化を実現するためにも、整理整頓は必須だと感じました。
  • 「整理する」と言う時間はもったいないと考えていましたが、実は仕事が楽になる近道だと理解できました。
  • お店全体で取り組む「明確な目的・目標提示ができなかった」ことに気づきました。
  • 整理整頓された状態を維持することで、仕事の効率があがり、残業時間が減るということが、理解できました。

理収納後期待できる変化

  • スタッフの仕事へのモチベ―ションアップ。
  • スタッフ同志の積極的な話し合い。
  • 社内全体、業務全体を視野に入れる考え方ができる。
  • 職場の人と相談し、みんなが使いやすく効率よく仕事できるように 保管・保存するやり方を考える。
  • 上司部下、同僚に、信頼関係が構築される。
  • 残業時間の削減
  • コスト削減

解できた整理収納ポイント

  • 重要なものは、全員が見えるようにする必要性。
  • 整理とは、仕事を楽にするための近道。
  • スタッフ同志で困っていることを打ち明け、解決策をともに考えることが重要。
  • なぜできないかをちゃんと聞いて、一緒に考え行動すること。

整理収納で得られる効果の可能性は未知数整理収納で得られる効果の可能性は未知数

業務改革・業績UP 継続できる整理収納

自分自身のデスクまわりの整理収納や、社内全体を見渡した整理収納を!と考えていても、なかなかそれを実現できず、お困りの企業様は、実に多いのが現状です。

整理収納を個人の問題から、組織の問題として取り上げ、そこにあるデメリットをしっかりと理解していただきます。
そのうえで、継続できる整理収納ポイントをお伝えし、社内全体の取り組みとして導入する方法を学んでいただきます。

これにより、ストック管理の意識・時間の意識などの向上から、無駄買い・不要な残業が減り、コストの削減へ。

更に社内のコミュニケーションが整い、チームで助け合う組織に成長します。仕事へのモチベーションもUPする事で「チャレンジ」するチームに成長し、業績向上へと繋がります。

整理収納コンサルタント 水口智恵美

企業研修 お申し込みはこちらから

お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
郵便番号任意
住所任意
申し込み内容必須
お問い合わせ内容必須

企業研修のご案内


企業研修のご案内

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加